利用規約

  1. (定義)
    1. 第一条 提供者とは、ricoのサービス(以下「本サービス」とします)を提供するKYA groupを指します。
    2. 2 契約者とは、本規約に同意し本サービスの提供を受けるための契約(以下「本契約」とします)を提供者と締結した者を指します。
    3. 3 個人情報とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができるものを含みます)を指します。
    4. 4 対象のサイトとは、本サービスによってアクセス統計およびコンテンツの分析を行うWebサイト指します。
    5. 5 Webサイトとは1つのURLで特定されるWebリソースおよび、同じ階層のリソース、下層のリソースの集合とを指します。
  2. (サービスの定義)
    1. 第二条 ricoは、以下の情報および機能を提供するサービスです。
      1. 一 対象のサイトのアクセス統計とコンテンツの分析に基づいて、サイトフローの改善に有用な情報を提供します。
    1. 第三条 提供者は個別のサイトにおいてricoのサービスが期待する形で機能することを保証しません。
    2. 2 契約者は、ricoの導入に際して提供者に技術指導もしくは作業代行を依頼することができます。これは別途費用が発生します。また、この場合においても提供者は機能することを保証しません。
    3. 3 提供者はricoのシステムが対象サイトのコンテンツを取得する際、robots.txt等の自動取得エージェント規約を尊重するよう努めます。
  3. (契約者の条件)
    1. 第四条 契約者は契約の期間中、以下の条件を満たしていることが求められます。
      1. 一 利用環境の準備
        1. 1 契約者は、日本語を利用できるブラウザ環境およびricoのWebサーバへ接続できる環境を準備するものとします。
        2. 2 ブラウザは別表Aに掲げた種別のものとします。
      2. 二 サイト情報の提供
        1. 1 契約者は、サービス対象のサイトのコンテンツに、提供者が提示する分析用のスクリプトを導入する権限を有するものとします。
        2. 2 契約者は、サービス対象のサイトのコンテンツを、ricoのシステムが自動で定期的に取得することを認めます。
    1. 第五条 契約者もしくはサービス対象のサイトが契約の期間中、以下の条件を満たしていることが求められます。
      1. 一 契約者もしくはサイトを法的に管轄する国・地域の法令に対して適法であること。
      2. 二 契約者もしくはサイトを法的に管轄する国・地域において法的係争の対象となっていないこと。
      3. 三 契約者もしくはサイトを管轄する国・地域の法令に反する行為を誘発、示唆するものでないこと。
      4. 四 作為・不作為によって提供者の利益に反しないこと。
      5. 五 作為・不作為によって他の契約者を含む第三者に不利益を与えないこと。
      6. 六 本サービスで認められていない形態で、提供される情報の全部または一部を譲渡、転載、転売しないこと。
  4. (契約の締結)
    1. 第六条 ricoのサービスの利用を希望する者は、提供者が定め告知する方法によって利用契約の締結を申し込むものとします。
    2. 2 契約者は対象サイト単位でコースを指定するものとします。
    3. 3 契約者は対象サイト単位でコースを随時変更できるものとします。
    4. 4 コース変更を希望する契約者は、提供者が定め告知する方法によってその旨を申し込むものとします。
  5. (契約者による契約の中止・終了)
    1. 第七条 契約者は解約を希望する場合、契約満了日の1か月前までに提供者が定め告知する方法によって申し込むものとします。
    2. 2 契約者より提供者に支払われた料金は返還されません。
  6. (提供者による契約の中止・終了)
    1. 第八条 提供者は契約者が本規約を満たしていることを随時独自に調査し、違反が認められた場合は契約者に事前の通告なく契約を一時的に停止または解除できるものとします。
    2. 2 提供者は契約者が以下のいずれかに該当する場合、契約者に事前の通告なく契約を一時的に停止または解除できるものとします。
      1. 一 租税公課の滞納処分を受けた場合。
      2. 二 債務不履行により、差押、仮差押、仮処分等強制執行を受けた場合
      3. 三 任意整理手続が開始された場合、又は破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始もしくは特別清算の申立がなされた場合
      4. 四 解散、分割又は営業の全部又は重要な一部の譲渡を決議した場合
      5. 五 監督官庁から営業取消、営業停止等の処分を受けた場合
      6. 六 財産状態の悪化、またはその恐れがあると認められる相当の事由があると提供者が判断した場合
      7. 七 利用料等の支払い債務の履行を遅滞し、又は支払いを拒否した場合
      8. 八 契約者が提供者に申請していた契約者連絡先への連絡が相当の期間取れない場合。
    3. 3 提供者は契約を停止または解除した場合、契約者が申請していた契約者連絡先への通告を行うものとします。申請の不備等で通告が契約者に届かなかったことによって何らかの損害が生じたとしても、提供者はその責を負いません。
    4. 4 契約者より提供者に支払われた料金は返還されません。
    5. 5 提供者による契約の停止、解除は、提供者による契約者への損害賠償請求を妨げるものではありません。
    6. 6 提供者は、契約を停止または解除したことによる直接間接を問わない一切の損害について賠償の責を負いません。
  7. (料金)
    1. 第九条 基礎コースおよびコンサルコースの契約者は提供者に対し、別表Bに掲げる費用を所定の方法で支払うものとします。
  8. (サービスの中止・終了)
    1. 第十条 提供者は、契約者へ事前の通告なく、本サービスを一時的に中断もしくは終了することができます。
    2. 2 提供者は、サービスを中止または終了したことによる直接間接を問わない一切の損害について賠償の責を負いません。
  9. (契約者による秘密保持)
    1. 第十一条 契約者は、秘密情報を取り扱う際には漏洩および提供者の意図しない目的での使用が生じないよう、細心の注意を払うものとします。
    2. 2 契約者は、刑事訴訟法、特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(通称、プロバイダ責任制限法)等により行政司法その他の国家機関もしくは地方公共団体からの求めで秘密情報を提供者の同意なしに開示してもその責を負いません。
  10. (提供者による個人情報・秘密情報の保護)
    1. 第十二条 提供者は、個人情報・秘密情報を取り扱う際には漏洩および契約者の意図しない目的での使用が生じないよう、細心の注意を払うものとします。
    2. 2 提供者は、刑事訴訟法、特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(通称、プロバイダ責任制限法)等により行政司法その他の国家機関もしくは地方公共団体からの求めで契約者に関する個人情報・秘密情報を契約者の同意なしに開示する場合があり、契約者はこれに同意するものとします。
    3. 3 提供者は以下に掲げる目的でのみ個人情報を使用するものとします。
      1. 一 本サービスの利用に関する連絡。
      2. 二 本規約を満たしていることを確認するための調査。
  11. (契約者による提供者および第三者の権利保護)
    1. 第十三条 契約者は本サイトおよび本サイトから得た情報に記載されている著作権表示等を尊重し、権利の保護に努めるものとします。
  12. (免責)
    1. 第十四条 天災、疫病等を含むがこれらに限定されない、当事者の合理的な管理を超える事由による不履行の場合、いずれの当事者も、本契約義務の履行遅滞ないし履行不能について責任を負わないものとします。
    2. 2 契約者もしくは第三者が本サービスの情報に基づいた作為・不作為によって損害を被った場合、提供者は賠償の責を負いません。
    3. 3 契約者もしくは第三者が本サービスの情報に基づいた作為・不作為によって他の契約者もしくは第三者に損害を与えた場合、提供者は賠償の責を負いません。
    4. 4 契約者が、サービスの中止・終了もしくは契約の中止・終了によって損害を被った場合、提供者は賠償の責を負いません。
    5. 5 提供者は、サービスで提供する一切の情報について正確性を保証しません。
  13. (規約改定)
    1. 第十五条 提供者は契約者に事前の通告なく本規約の一部を変更することができるものとします。
    2. 2 ただし債務に関する事項は一か月以上の期間をもって、契約者が申請していた契約者連絡先への通告を行うものとします。申請の不備等で通告が契約者に届かなかったことによって何らかの損害が生じたとしても、提供者はその責を負いません。
  14. (準拠法、係争解決)
    1. 第十六条 本規約は、日本国法に準拠し、同法に従って解釈されるものとします。
    2. 2 本サービスの利用に関して契約者と提供者の間に係争が発生し、訴訟により解決する必要が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属合意管轄裁判所とします。

別表A

  1. (ブラウザ)
    1. 第一条 対応ブラウザは、以下とします。
      1. 1 Internet Explorer 7
      2. 2 Firefox 3.0

別表B

  1. (月額費用)
    1. 第一条 基礎コースおよびコンサルコースの契約者は、契約が受理された日より起算して、1月ごとに月額費用を支払うものとします。
    2. 2 基礎コースの月額費用は1,260円(税込)です。
    3. 3 コンサルコース(梅)の月額費用は31,500円(税込)です。
    4. 4 コンサルコース(竹)の月額費用は73,500円(税込)です。
    5. 5 コンサルコース(松)の月額費用は157,500円(税込)です。
    6. 6 月額費用は、前月末日までの前払いとします。
    7. 7 新規申し込み時は、3か月分の月額費用を前払いするものとします。
    8. 8 期間の途中でコース変更を申し込んだ場合、受理された日より新たな期間を開始します。変更前の月額費用は持ち越されません。ただし、新たな期間と同一日かそれ以降に開始する期間の月額費用を前払いしていた場合は、新たな期間に対する支払とみなして、差額のみを新たに請求します。
    9. 9 月額費用は、月末日までの10万アクセスの解析費用を含みます。
  2. (オプション費用)
    1. 第二条 オプションは毎月末日までの合計額を翌月末までに支払うものとします。
    2. 2 月あたりの最大アクセス数を超過した分の解析は、1万アクセス(切り上げ)ごとに1,050円(税込)の費用を加算します。
    3. 3 エスプレッソによるアクセスログのアップロードは、1万アクセス(切り上げ)ごとに1,050円(税込)の費用を加算します。
    4. 4 分析スクリプトのインストール代行等は都度見積とします。
  3. (支払方法)
    1. 第三条 支払方法は口座振込またはPayPalとします。
    2. 2 提供者は毎月、当月末に支払うべき費用の細目を記した請求書をricoのサイトで契約者に提示します。
    3. 3 提供者は請求書に振込口座およびPayPal口座を記載します。
    4. 4 振込等の手数料は契約者が負担するものとします。
    5. 5 2回以上続けて期日までに入金を確認できない場合、提供者は契約者への事前の通告なしに契約を解除できるものとします。
    6. 6 過払いは、送金元の口座へ手数料262円を差し引いた額を返還します。次回以降の支払への前払いとして扱うことはしません。